大規模大会の開催事例
大規模大会の開催事例

晴れる屋は大規模イベントの主催も数多く行っています。

幕張メッセを3ホール使って行われ、約4000人の大会参加者が集まった『グランプリ・千葉2015』は現在でも国内における最高記録となっており、翌年の『グランプリ・千葉2016』は学生の参加費無料や、自社開発のシステムを利用した革新的な試みが世界的に評価されました。
大規模大会の開催事例
また、自社店舗の広大な遊戯スペースを使って行われるイベントも開催しており、優勝賞金50万円の完全招待制大会や、タイトル保持者に「対局料」を贈呈する将棋のタイトル戦のような大会も好評を博しています。
こうしたイベントはYoutubeやTwitchで実況生中継付きでその模様を放映しており、多くの視聴者数を獲得するとともに、協賛社様やスポンサー様のロゴを表示する試みを通じ、「マジックを一つのエンターテイメントにする」という目標に取り組んでいます。