2021年度(2021年4月〜2022年3月)はマジックにとって激動の1年でした。
2021年6月『モダンホライゾン2』発売、2022年2月『神河:輝ける世界』発売……。
一方で晴れる屋にとっては飛躍の年。皆様にご利用いただき、2020年度年商37億円から、2021年度は年商約60億円と2倍近く伸びています。

そんな晴れる屋の成長に絶対に欠かせないチームが『通販チーム』
オンラインショップの商品準備から発送を担う基幹部分です。

日本最大級のマジック専門店はどのようにして膨大な在庫から商品を用意し、お客様のもとに届けるのか。
通販チーム副責任者、田口 慶亮(タグチケイスケ)さんにインタビューしました!

通販一筋6年、チームの副責任者

――本日はよろしくお願いします。まずは田口さんから簡単な経歴をお願いします。

田口「私は今から6年前、ちょうど『カラデシュ』が販売された月に晴れる屋に入社しました。最初に通販チームにアルバイトとして配属されて、途中で少し離れた期間があるものの、今に至るまでずっと通販チームです。
『灯争大戦』のタイミングで社員になり、現在はチームの副責任者を任されています」

――通販チームは晴れる屋の中で何を担当するチームなのでしょうか?

田口「通販チームの役割は主に3つ。
お客様から注文が入った商品を①用意して②梱包し③発送します。
晴れる屋オンラインショップは毎日どれくらいの注文を受けているかご存じですか?」

――うーん……100件くらいでしょうか?

田口「日によって大きく前後しますが、平均すると1日500件です。少ない日でも300件くらいは注文が入ってますね」

――1日500件!?

田口「そうなんです。僕が入社した6年前はだいたい1日100~200件だったので、この数年で2倍以上のご注文をいただくようになりました」

99.8%の安心を維持するために

――1日平均500件の注文に通販チームはどう対応しているのでしょうか?

田口「1件ずつ注文の入った商品を用意していると時間がとてもかかってしまうので、60〜80件の注文を一つの表にまとめて印刷して、在庫棚からピック(カードを準備すること)します。その後注文1件ごとにカードを振り分けて、梱包作業を行い発送しています。こうすることで結果的に効率よく作業ができるんですよ」

――注文をまとめてしまうと別のカードが混ざってしまうこともあるのでは……?

田口「そこは何度もミスがないかチェックしています。
まず商品が正しくピックされているかを別の人がチェック、1注文毎に振り分け終わったタイミングでまたチェック、発送前に最終チェックをすることで、できるかぎりミスを防いでいます」

――実際にミスはどれくらいの頻度で起きているのでしょうか?

田口「こちらで把握しているデータでは、発送関連のミスは0.2%です。お客様に正しい商品を送れなかったり、発送すべきだったのに発送できていなかったり……。
完全に0にするのは難しいですが、なぜミスが起きたのかをしっかり調査し、少しでも0に近づけられるように取り組んでいます」

神河よりも大変だった〇〇〇〇

――2021年度は『モダンホライゾン2』発売、『神河:輝ける世界』発売と、マジックにとっては激動の1年だったと思います。
通販チームも大変だったのでは?

田口「そうですね……。特に神河は非常に多くの注文をいただきました。この数字を出していいか分かりませんが、予約期間の注文は約4300件販売したBOXは6000個です」

――6000個……!!

田口「過去のエキスパンションでも間違いなく上位の注文数でした。
ただ、キャンペーン効果もあって注文数は多いものの、事前準備を徹底したおかげでそこまでの苦労はしなかったんです。去年のリニューアルに合わせて作業スペースが増えたのと、ヘルプで他のチームの助けを借りたこともあって、大きなトラブルなく乗り切れました」

『マジック×すべそれ購入キャンペーン』

田口「それより大変だったのは『灯争大戦』発売のタイミングですね。
『灯争大戦』の時は発売日がゴールデンウィークのど真ん中で。
TC東京リニューアル前は発売日が近づくとイベントスペースを三分の一ほど借りて、そこで商品管理、梱包作業、発送管理など一通りこなしていました。
しかし『灯争大戦』の時は発送日周辺がガッツリ休日なためほとんどスペースが使えず……。スタッフみんな座る場所もないくらい、すし詰め状態で作業していました(笑)」

田口「でも、『灯争大戦』をはじめ様々な経験があったからこそ、『神河:輝ける世界』では事前にしっかり対策を取って、無事みなさんのもとに商品をお届けすることができました」

目標に向かって一致団結

――通販チームの雰囲気について伺います。どんな人たちがチームで働いているのでしょうか?

田口「通販チームは正社員7名、アルバイト30名が所属しています。年齢も幅広く、大学生や主婦の方も働いています。
ガッツリ毎日8時間シフトの人もいれば18時から22時の4時間だけ働く学生シフトの人もいます。うちのチームはかなり融通利く方だと思いますよ」

――休日の取り方についてはいかがでしょう?

田口「月の休日(土日祝日)のうち50%は出勤をお願いしています。もし極端に休みが偏ってしまうようであれば調整をお願いすることもありますが……。ただ絶対土日休めないことはありません」

――マジックフェストのように大きなイベントがあると誰が休むかで戦争になりそうですね(笑)

田口「うちのチームは結構カジュアルなプレイヤーが多いので、そんなにもめたりはしないんじゃないかな。ガチの競技プレイヤーは高野さんくらいだと思います」

――みなさんはどんな雰囲気でお仕事をされていますか?

田口「基本的にはみんな黙々と作業しています。作業の合間で雑談することもありますが、集中力の高いスタッフが多いので。真面目に作業をしていることがほとんどです」

田口「ただ雰囲気が悪いかというと全然そんなことはなくて。『商品を用意する』という明確な目標に向かって一丸で取り組むから、団結力みたいなものが生まれて……むしろ雰囲気は良いと思いますよ」

――どんな人が通販チームに向いていると思いますか?

田口「通販は常に何をすべきかが明確になっているので、ひとつの作業に集中して取り組みたい人は向いていると思います。
接客が苦手だけどカードに携わる仕事がしたい人は、ぜひ通販チームに応募してほしいです」

――それでは最後に、今後の意気込みと通販チームの目標について教えてください。

田口「通販チームはお客様と直接かかわるチーム。自分たちが対応しきれないとお客様に迷惑がかかってしまいます。
だからこそ作業効率を良くする考え方は他のどのチームよりも大切にしています」

田口「何より大事なのは、お客様にしっかり商品を届けられること。今後さらに1日100件、200件と注文が増えても問題ないように、どんなトラブルにも対応できるように、チーム一丸となって改善に努めます!」

――ありがとうございました。

晴れる屋オンラインショップは日本最大級のマジック商品を取り揃えたショップです。
古いカードから最新のカードまで、商品は10万点以上
15時までに入金が確認できた注文は即日発送でお手元へお届けします!
マジックの商品をお求めの際は、ぜひ晴れる屋オンラインショップをご利用ください!